御召(おめし)

たて糸よこ糸ともに練り染め糸を用い、織り上げたのち、ぬるま湯に浸して強くもみ、表面に皺(しぼ)を出した絹織物。
絹糸にきつくひねりをかけて織るため、手触りは独特でシャリッとしている。
御召=御召し物という名のとおり高級な布。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ