留袖(とめそで)

既婚女性が礼装に用いる、五つ紋・裾模様の着物。
普通は黒地であるが、色染めのものもある。

振袖に対して、普通の丈で、脇を縫いふさいだ、振りのない袖。
また、その袖をつけた着物。近世後期以降、既婚の女性が用いた。
のちには八つ口を明けて振りをつけるようになった。

黒地以外は色留袖と呼ばれ、こちらは既婚、未婚を問わずに着られる。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ