根付け(ねつけ)

江戸時代、印籠(いんろう)や
煙草(たばこ)入れを腰にぶらさげて持つために
すべり止めとしてつくられた飾りのこと。

今では、根付け棒につけて帯まわりの装飾にしたり、
帯にはさむ財布につけて落下防止にしたりする。
携帯ストラップも根付け文化のひとつ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ