うそつき

身頃(みごろ:衣服の胴を包む部分)は肌襦袢(はだじゅばん)、
衿(えり)や袖(そで)などは長襦袢(ながじゅばん)のように
仕立てられた二部式襦袢。

一枚着るだけで、肌襦袢、長襦袢と重ねているように
見えるので、「うそつき」という名がついた。
半襦袢とも呼ばれる。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ