対丈(ついたけ)

着物と着丈の長さが同じ仕立てのこと。
おはしょりをとらずに着ることを”対丈で着る”という。
長襦袢や男着物は、対丈が基本。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ