綸子(りんず)

繻子(しゅす)に、浮き文様を織り出した絹織物のこと。
光によって地文様が浮き上がり、光沢もあって華がある。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ