錦紗(きんしゃ)

紗の地に金糸・箔(はく)・絹の色糸などを
織り込んで模様を表した絹織物。
夏の袈裟(けさ)などにする。
「金紗縮緬(ちりめん)」「金紗御召(おめし)」の略。

錦紗縮緬(きんしゃちりめん)、錦紗御召(きんしゃおめし)の略称。
現在は錦紗縮緬をさすことが多い。
錦紗縮緬は、縮緬よりも糸が細く密で、軽いのが特徴。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ