塩瀬(しおぜ)

羽二重(はぶたえ)のひとつ。
たて糸を密にし、太いよこ糸を打ち込んで
横畝(よこうね)を表した絹織物。

帯・袱紗(ふくさ)・半襟などにする。
塩瀬羽二重。

経緯ともに生糸を使った、重めの羽二重のこと。
染め帯の帯地によく使われる。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ