昼夜帯(ちゅうやおび)

黒繻子(くろしゅす)を片面に、もう片面に別の柄物を
使って仕立てた、両面帯。江戸時代に大流行した。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ