縮緬(ちりめん)

一面に細かなしぼを出した絹織物。
たて・よこともに生糸を用い、よこに右撚(よ)りと
左撚りの強撚糸(きようねんし)を交互に織り込んで
平織にした後、ソーダをまぜた石鹸(せつけん)液で
煮沸して縮ませたもの。

左右それぞれに強く撚った糸を、交互に織り合わせた絹織物の一種。
撚りの方向が違うため、表面にでこぼことした独特のしぼ(皺)が出る。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ