長襦袢(ながじゅばん)

肌襦袢と着物の間に着る、対丈に仕立てた襦袢。
着物の袖口からチラリと色柄がのぞくため、
着物地との取り合わせを考えるのも着こなしの楽しみ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ