名古屋帯(なごやおび)

帯の種類のひとつ。
お太鼓部分が袋仕立て、胴回り部分は一重になっており
袋帯よりも簡単に締められる。

幅9寸の帯地に芯を入れて仕立てるタイプを九寸名古屋、
幅8寸で芯を入れずに仕立てるタイプを八寸名古屋と呼ぶ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ