八掛け(はっかけ)

袷の着物の裾につける、裏地のこと。
裾まわしとも言う。歩くとちらちらと見えるので、意外に目立つ部分。
着物と反対色の色柄をつけて八掛けを効かせるのは、かなり上級者のオシャレ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ