反物(たんもの)

着物や帯地、羽織地などの総称。
着物地を一反の長さで売買したことから反物と呼ぶようになり
それが転じて、和服の布全般をさすようになった。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ