伊達襟(重ね襟)

伊達襟(だてえり)は着物を重ねて着ているように見せるためのものです。
重ね襟とも言われています。

襦袢と着物の間に違う色が入るので華やかさが出るので
お祝いの席やパーティーなどに使うことが多いです。

伊達襟のワンポイントに色や柄物をもってくる事で
着物の雰囲気を変える事ができるので、何本か持っておくと
とても重宝します。

襟から少しだけ見えるものなので
手ぬぐいなどでも代用することもできます。

伊達衿の付け方は着物に縫い付けることが
多いのですが、ピンを使った方法など他にも
何種類か付け方があるようです。

伊達衿を着物に付けるときは着物の衿の後ろから
伊達衿は外に出ない状態にします。

伊達衿は、耳の真下あたりから胸にかけて
5〜8ミリ出すようにします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ