着物の歴史

「着物」は、日本語で着る物・衣服という意味なのですが、いまの普通の使われ方では「日本の伝統的な衣服」という意味で使われていますよね。
でも、現在のような着物の形になったのは平安時代になってからだと言われています。そして平安時代から現在までに着物の姿はドンドン変わってきています。

ここでは着物がどのように変化して今のような形になってきたのかを書いていきたいと思います。

縄文時代では鹿などの皮を衣類の代わりとして使用して、弥生時代から繊維を織った衣類に発展していったと考えられます。古墳時代3世紀〜7世紀くらいから衣類として着物が本格的に発展していったようです。

この頃の着物は古墳から発掘された埴輪(はにわ)から考えて、男性はズボンを履いて、前合わせの上着、女性も男性の上着と同じようなものを着て、その下にスカートを着ていたと想像できます。

飛鳥・奈良時代(6世紀〜8世紀)は、朝鮮や中国との文化交流によって、ズボン、スカートと上衣の組み合わせ、ワンピース型の衣服が主流を占めていました。この頃の着物は中国などの影響のためか色彩が鮮やかですね。

そして平安時代(9世紀〜11世紀)に入ると布を直線に裁ち、縫い合わせる「直線裁ち(ちょくせんだち)」という方法で着物が作られるようになり現在の着物の基本的な形が作られました。

平安時代の着物は直線的な作りのため簡単にたためて、冬の寒いときには重ね着もカンタンにできるようになりました。また、夏の暑い季節用に麻などの風邪を通しやすい生地を使うなどいろいろな工夫がされ始め、生活の中に着物がとけこんでいきました。

そして着物を重ねて着るという着方から、色の組み合わせを楽しむようになり、日本独特の色彩感覚が発達していきました。日本独特の着物の基本ができ、着物を重ねて着る十二単もこの頃に登場してきました。

鎌倉時代(12世紀〜13世紀)や室町時代(14世紀〜16世紀)になると、女性に限らず男性もまた華やかな色の着物を身につけるようになり、武士が戦地に着ていく衣装もそれぞれの大将が目立つように華やかさを競ったとも言われています。

江戸時代(17世紀〜19世紀)には戦争のない安定した徳川幕府のもとで、着物が芸術品のようになっていき、絢爛豪華なものが現れはじめました。また歌舞伎などの誕生により、歌舞伎の色彩などが流行になるなど町民文化も発展していきました。江戸時代から小袖を中心とする着物が一般的になっていきます。

明治時代(19世紀〜20世紀)になると、日本は外国文化の影響を強く受けるようになり、文明開化の合言葉のもと洋服を着るようになりました。また今では考えられませんが明治政府は官僚や軍人などに「正式の場では洋服を着用すること」という衣服令を出して服装を規制してしまいます。

また、この頃に着物に家系を示す家紋を入れた「紋付」が礼装と定められ、着物での礼装は男女共に紋付となりました。

現在では、日常生活の中で着物を着ることは少なくなり、一般的に着物は晴着(はれぎ)という意識になり、結婚式や卒業式などの記念日やセレモニー、お葬式、お茶やお花の席で、または夏のお祭りや七夕などの機会に、着物を身につけるようになりました。

普段着として着ていた着物が特別な日にしか着なくなってしまったのは寂しいですね。明治・大正時代の和洋折衷で着物も洋服もOKな時代がまたやってくると良いですね

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ