袋名古屋(ふくろなごや)

出来上がりの帯幅に織り上がった帯地で、
たれの部分(背を飾る部分)はおり返して両端をかがり、
手の部分(体に巻く部分)は体に巻く時に半幅に折るだけで
締めることができる帯。
芯は入れずに仕立てられます。
オシャレなものが多く、主にカジュアルな着物に用いられます。
八寸名古屋、かがり名古屋とも呼ばれます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ