名古屋帯(なごやおび)

お太鼓に結ぶ部分を並幅、他の部分を半幅に作ったもの。
長さが約3m60cmと袋帯より短く、お太鼓結びを結ぶときに主に使われます。
たれの部分(背を飾る部分)は普通の帯幅(約30cm)で、
ての部分(体に巻く部分)を半幅におって芯を入れて仕立てた帯です。
セミフォーマルからカジュアルな着物まで幅広く使えるオシャレな帯が多い。
九寸帯とも呼ばれます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ