袋帯(ふくろおび)

袋織りにした縫い目も芯(しん)もない帯で
主に正装・礼装用の帯として最も多く用いられている帯です。
表の部分にのみ模様があり、一般に芯を入れずに仕立てられます。
二重太鼓や変わり結びなど、いろいろな帯結びが楽しめます。


袋帯

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ