七五三は衣装レンタルとセットで写真撮影

七五三は、子供のすこやかな成長をお祝いするための儀式です。
男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年の11月15日に、成長を祝って神社へ詣でるのが七五三の行事です。
七五三では晴れ着を着ます。男児の場合、三才で袴、五才で羽織を着ます。
本来の七五三は数え年だが、現在は満年齢 で行われることもあります。

七五三では、千歳飴(ちとせあめ)を食べて祝います。
千歳飴は、親が自らの子に長寿の願いを込めて細く長くなっており
縁起が良いとされる紅白それぞれの色で着色されています。



コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ