茶道教室でキレイな作法を学ぶ

茶道(さどう、ちゃどう)とは、様式にのっとって客人に茶をふるまう行為のこと。基本的に着物姿で行われるが、最近では普段着のまま行うところもある。元来は「茶湯(ちゃとう)」「茶の湯」といった。千利休は「数寄道」、小堀遠州は「茶の道」という語も使っていたが、やがて江戸時代初期には茶道と呼ばれるようになった(「茶話指月集」「南方録」など)。

ただ、茶をいれて飲むだけでなく、生きていく目的や考え方、宗教、茶道具や茶室に置く美術品など、広い分野にまたがる総合芸術とされる。

現在、茶道は先発の抹茶道と後発の煎茶道があり、単に茶道というと前者を指すことになる。
なお、茶道の名称は明治時代に改名されている。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ