お手入れの基本

着物・和服のお手入れは洋服と違い面倒なところです。けれども、着物を脱いだ後に簡単な手入れをするだけで着物は長持ちします。ちょっとしたお手入れを習慣にしてしまいましょう。着物は上手に着て、キチンとお手入れすれば親から子へと何代にも渡って着れますし、着込むほどに着心地が良くなるスグレモノです。着物のお手入れ法の基本をご紹介します。

■ お手入れの基本

着物をお手入れを簡単にする基本は着物を汚さないことです。着物を着たときに汚さない工夫と注意が必要です。
着物を着て汚れた場所やホコリだらけのところには行かないようにしましょう。また、着物を着るときに手や足をキレイにすることはもちろん、身体もキレイにしてから着るようにしましょう。

着物を着たときに特に汚れやすいのは袖口と裾、そして衿です。袖口と裾は着物に汚れ防止などの加工が施されているものであれば多少は安心ですが、衿汚れは要注意です。

長髪の方は髪の油分による汚れが染み付かないように注意しましょう。
毎日和服を着ていると長襦袢の衿はもちろんのこと、長着の衿も薄黒く汚れてしまいます。
汗をかきやすい仕事をするときなどは手ぬぐいなどを衿元にあてるなど工夫をすると良いです。

また、一枚の着物を毎日着るよりは、2〜3枚の着物を着回す方が長持ちします。
これは着物だけでなく、長襦袢や足袋でも同じ事が言えます。

■ 着物を着たあとに

着物を脱いだあとのたたみ方ですが、たたまずに放っておくのもいけませんが、すぐにたたんでもいけません。
着物を脱いだら軽くホコリをはらって、衣紋掛けにかけます。できれば和服専用の衣紋掛けに掛けるのが良いですが、よほどの高級品でなければ洋服用のハンガーでも良いと思います。
ただ、洋服ハンガーにかけますと着物の仕立てが崩れてしまうこともあるため注意してください。また、着物を傷めてしまうので針金ハンガーなど細いものにかけるのはやめましょう。
このように着物を吊るしておくのは、着物に染み込んだ汗や湿気を自然に乾かし、着物のシワを自然に伸ばすためです。角帯などの帯も、床につかない程度に折り畳み、同じようにハンガーなどにかけてしばらく吊るしておきます。

脱いだ着物を衣紋掛けなどにかけて吊るしておく時間は季節にもよりますが、1〜2時間くらいです。長くても半日くらいで十分だと思います。3日も4日もかけておくと着物が型くずれすることがあるので注意しましょう。

しばらくしてから、ブラシなどでホコリを丁寧にはらいます。「その日の汚れはその日のうちに」が基本です。
この時使用するブラシは着物の生地によって使い分けた方が生地を痛めません。薄い正絹の着物などは、固いブラシでこすって傷でもつけるといけませんから、柔らかいタオルなどで軽く叩いて拭き取る方が良いです。ブラシのかけ方は、基本的に布の折り目に沿ってかけますが、表面が複雑なもの(縮緬地などシボがあるものとか)は、斜めにブラシをかけると良いです。

上前・袖口・衿・裾などを中心に汚れがないかをチェックします。軽い汚れ・シミなどがあれば落としてください。目立つ汚れがある時は、汚れ落としやしみ抜きの処置が必要になってきます。油性の汚れや取れそうにもないシミがあれば専門店に持っていく方が無難です。また、酷く汗をかいた場合は(特に単衣・夏物)「汗抜き」もしくは「丸洗い」に出された方が良いと思います。汗ジミは当初目には見えませんが、時間が経つと黄ばみとなって浮き上がり、「取れないシミ・汚れ」となる事があります。

また、少々のシワは吊るしておけば自然と伸びるものですが、小じわが気になるときなどは必ず手拭いなどの当て布をしてから130〜150度程で軽くアイロンをかけます。アイロンをかける事でシワを伸ばすと同時に殺虫効果も生まれます。なお、金箔・金糸・銀糸の上にアイロンをかけると変色したり痛んだりする事がありますのでくれぐれも注意してください。

そして、また着物を着ることを楽しみにしながら着物をたたんでタンスへしまいます。
大切な着物が虫食いされないように防虫剤も入れておきましょう。

相徳は 桐たんすの専門商であり基本的に 桐に関するもの以外取り扱っておりません。桐たんすの事であれば まずはご相談下さい。桐たんすは今日“桐であれば 桐をつかってさえいれば桐たんす”という風潮もあります。相徳は桐の持ち味を生かした伝統的な製作法の良さを充分に認識した上でその製作法技術を後世につなげていこうとしています。
桐たんす

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ