浴衣の着付け

浴衣の着付け方法

1.
浴衣用ランジェリー(または裾よけと肌襦袢)を着ます。
汗取りと着くずれを防止するために薄手のタオルを腰ひもで巻き、ウエスト補正などもします。
2.
浴衣に袖を通して背中央を背骨の位置にくるようにまっすぐにします。
3.
左右の手でそれぞれ襟先を持ち上に持ち上げます。そのまま裾でくるぶしが隠れる程度にあわせて裾丈を決めます。
4.
左手で持っている上前を右脇に合わせて上前の幅を決めます。
5.
左手にもった上前をいったん広げて、右手に持った下前をつま先が10cmくらい上になるように持ち上げながら左ひじでおさえ、左脇に合わせます。
6.
腰ひもを右手で持ち、右の腰骨の上にあてます。。
7.
腰ひもを後ろで交差してしっかり締めます。
前の左寄りで片花結びにして、紐の端は後ろに回してはさみ込みます。
下前の裾が上がっているかどうか確認します。下がっていたら懐から右手を入れて襟先を引き上げておきます。
8.
両手を身八ツ口から手を入れて後ろおはしょりの整理をします。
9.
衣紋を少し抜きます。首の後ろと襟の間にこぶしひとつ分くらいあけると上品です。
背中央が背骨の位置にきているか、再度確認します。
10.
抱き幅を合わせ、上下のおくみ線をそろえるように前おはしょりの整理をします。
下前のおはしょりを三角に折りあげるのがコツです。
11.
おはしょりを押さえるように腰ひもをアンダーバストより2〜3cm下にあてます。
背中央が曲がらないようにシワを両脇に寄せておきます。
右脇の余分なたるみはおはしょりの中に入れて、左脇のシワも整えます。
12.
腰ひもを後ろで交差させてギュッと締めて前に回して結びます。
ひもの余りは腰ひもにはさみます。
16.
できあがりです。おはしょりがきれいに重なり、おくみ線もキレイに上下で1本に通っています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ