ロゴスギャラリーで日常着としての「キモノ」提案

同展では、着物好きで知られる漫画家やまだないとと、和小物を制作する「うれし屋」が、一緒に考えたオリジナル着物シリーズを中心に履物や足袋、小物、アクセサリーなどを合わせて「日常のお洒落着」として提案する。また、アンティーク着物コレクター・大谷さらさの・・・

シブヤ経済新聞

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ