無地の着物を華やかにする変わり結び、小物類。

【質問】
友人の結婚式に無地の着物(深い落ちついたピンク)を着て行こうと思ってます。
でもやはり無地では寂しいので他の物で華やかにしたいと思っています。

無地の着物に合う変わり結びは何がありますか?
また、他の小物などでどのようにしたら華やかになりますか?

【回答】
色無地ならお太鼓の変わり結びが良いと思います。
袋帯を色や柄で華やかにもできます。

帯の結び方の参考サイト。
http://www.sgm.co.jp/kituke/01aeaeo/05/

また、「作り帯(帯を切らない)」も良いと思います。
インターネットで「作り帯」と探してみてください。5000〜6000円位で作ってくれます。

深いピンクの色無地でしたら、帯揚げも反対色を思い切って使ってみたらいかがでしょうか。
あとは、小物類の色をどうセレクトするかが問題です。

小物類のセレクト例
半襟:白地に、桃色系の刺繍の半襟で すこし豪華さを出す。
伊達襟:重ね襟)で襟元に華やかさを出す。
帯揚げ:絞りのもので少し「出し」気味に結ぶ。
帯締め:金糸・銀糸が入ったものか、少し太めの丸組のもの。

また、独身のお若い方・お若くて結婚されてる方・年齢にもよって変わってきます。
結婚式では華やかと格の大切さは年齢によりだいぶ違ってきます。
洋服と違い、着物には格と言うものが大切です。
若い方の振袖の帯結びの様な華やかさは合わないように思います。


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ