アンティーク着物とは

アンティーク着物とは、大正末期から昭和初期くらいまでに普段着として着るために作られた着物のことです。大胆な柄や深みのある色合いなどが特徴で、アンティーク着物をきっかけに着物にハマル人が最近増えています。

アンティーク着物のイメージは、竹久夢二に代表される「大正ロマン」に代表されるような色合いでアンティーク着物には現代の洋服や着物と違った独特の雰囲気があります。

また、アンティーク着物は日本人が日常的に着物を着ていたいう性格から、縫製や染めが丁寧であったり、着易いように工夫されていることが多いため、アンティーク着物はとても着やすく、価格も古着専門の古着屋さんなどで数千円から手に入ります。このような理由から再び女性たちがアンティーク着物の魅力を再発見して強く引きつけるのでしょう。

銘仙

アンティーク着物を言えば、銘仙です。銘仙は、庶民のきものとして明治・大正から昭和初期にかけて大流行した平織りの絹織物で、一番気軽に着られ、大胆な柄と派手な色使いが特徴です。銘仙は、今もっとも人気のあるアンティーク着物です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ