市松人形

市松人形(いちまつにんぎょう)とは、着せ替え人形の一種で東人形、京人形とも呼ばれています。
京阪地方では『いちまさん』の愛称で親しまれています。

女児の遊び道具のほか、裁縫の練習台としても使用され、大きさは 20 〜 80 cm とさまざまですが、40 cm 前後のものが一般的です。女児の人形と男児の人形とがあり、女児の人形はおかっぱ頭に植毛が施され、男児の人形は頭髪が筆で書かれています。

市松人形の名前の由来としては、顔立ちが江戸時代中期の歌舞伎役者、佐野川市松に似ていたため市松人形と名付けられたと言う説、当時「市松」と言う子供が多かったので、子供の人形と言う意味合いで市松人形と呼ばれたと言う説、市松模様の衣装を着せて売られていたため、市松人形と名付けられたと言う説があります。

江戸で「人形」と言えば市松人形のことでしたが、子供のおもちゃとしては壊れやすいことから次第にセルロイド製の人形やソフトビニール製の人形に取って代わり、観賞用の人形へと変化していきました。そのため、観賞用途で作られた市松人形には、着せ替えを行えないものもあります。

現在市販されている市松人形は、ひな人形の脇に置かれるものとして、頭部が石膏、体がポリウレタンで作られたものが多く、このタイプは台座に固定された立像で、着せ替えができません。座りや着せ替えができるタイプは、専門の人形作家の手によって伝統工芸品として制作・販売されています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ