フォーマルな着物の種類・格について

着物には素材や模様の付け方によって着物の格が変わってきます。
着物初心者には違いが良くわかりませんので留袖や訪問着など
フォーマルなときに着る着物について紹介します。

黒留袖

黒留袖の画像

五つ紋がついた既婚女性の第一礼装で家族や親族の結婚式に出席するための着物です。
黒地に裾模様だけが描かれた着物です。

色留袖

色留袖の画像

色留袖は紋の数によって格が変わる着物です。
黒留袖と同じように胸に柄のなく、裾模様に格調のある柄が使用されます。
五つ紋付では黒留袖と同じ第一礼装となり格が高くなります。
三つ紋、一つ紋と数を減らすことで結婚式よりは格調高くはないけれど、格式の高いお祝い事やパーティーに着られます。

振袖

振袖の画像

未婚女性の第一礼装になり、紋が付いていなくても礼装となります。
振袖も袖の長さによって大振袖、中振袖、小振袖に分けられます。

訪問着

訪問着の画像

留袖や振袖などの第一礼装の次に格のある準礼装になります。
訪問着は袖、肩、胸、裾に模様があり、一枚の絵画のように模様がつながっていて、かなり華やかな着物です。

付け下げ

付け下げの画像

付け下げは訪問着と似た着物ですが、訪問着のように衿や袖などの模様がつながっていないものがほとんどです。
付け下げも訪問着よりは格が少し下がりますが準礼装に近い着物です。

色無地

色無地の画像

色無地は黒以外の色で染めた無地の着物です。紋を付けると格が高くなり、準礼装として着られます。
色無垢では地紋のあるものとないものがあります。地紋があると織りによって模様が浮き出て見えるので、無地のものよりも華やかさがあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ