夏に着る透ける「薄物」の着物

着物は袖が長いし、何枚も着るので
夏に着物を着るのは避けられがちです。

でも、着物にも洋服と同じように夏用、冬用など
季節に合わせた着物があるんです。

着物には裏地のある袷(あわせ)と裏地のない
単衣(ひとえ)はよく知られていますが薄物(うすもの)を
知らない人が多いかもしれません。

薄物は7月、8月の夏のもっとも暑い時期にきる
着物で、透ける生地のことです。

薄物の着物は大きく分けて
紗(しゃ)、絽(ろ)、上布(じょうふ)の
3つがあります。

この3つの中でも紗が一番通気性があり
透ける織物なので下に着る長襦袢の色には
気をつけることが大切です。

薄物の着物は透けるのがわかっているので
わざと長襦袢を色物にして透けることをファッション
として楽しむこともあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ