西陣織について

着物の織りとして有名なものの
ひとつに「西陣織(にしじんおり)」があります。

西陣織は京都の西陣という地域での
織物の総称です。

西陣織が他の染め物と違うところは
西陣織の場合は図案を決め、その図案通りに織れるように
染めてある生糸を縦と横に配して織り上げていきます。

友禅染などの染め物の場合は
生糸を白いまま織りあげた生地を
染めて仕上げます。

染めた糸で織りるため西陣織では
図案が複雑になればなるほど糸の配置に
かなり高度な技術力が必要となります。

陣織はジャガード織機を使って織りますが
西陣ではダイレクトジャカードというものが
開発されています。

ダイレクトジャカードは海外では
ほとんど使われていないようです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ