浴衣の着付けで揃えておきたいもの

夏のお祭りに定番なものといえば「浴衣」!
日本のお祭りや花火大会に浴衣姿の女性や男性が
一人もいなかったら、それはとっても寂しいことです。
浴衣は着物と違って小物も多くなく
着付けも簡単だし、なにより1万円以内で
揃えられるのが良いですよね。
浴衣と帯、下駄の浴衣3点セットで
販売されているものが多いですが、実際に
着るときには浴衣に合わせたバッグや
下着、髪飾りなども必要になってくるので
選ぶ楽しみやコーディネートの楽しみがあります。
120702.jpg
浴衣を着るときに必要になりそうなものを
リストアップしてみたいと思います。
・浴衣
浴衣は毎年いろいろな柄の新作が出ているので
持っている人でも毎年新しい浴衣を購入する人もいます。
・帯
浴衣に合わせた帯がセットで売られていることが多いです。
着付けに慣れていない人は簡単に結べる兵児帯がオススメ。
大人でも可愛く結べる兵児帯が数多く販売されています。
・下駄
夏祭りには下駄の音がよく似合います。
下駄に履き慣れていないと足が痛くなる人も多いので
足が痛くならない下駄も販売されています。
・和装下着
浴衣を着るときに普段に付けている下着でも
良いのですが、身体のラインをよりキレイに見せるには
和装下着をおすすめします。
・髪飾り
浴衣の柄や色に合わせるとより華やかになります。
・バッグ
浴衣にはものを入れておくポケットなどがないので
巾着や竹カゴなど和装に合うものを選ぶと良いです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ