着物を丸洗いするクリーニング

着物をクリーニングするときに
「丸洗い」という方法がよく使われますが
「丸洗い」の他に、「京洗い」という
洗い方などもあります。
「丸洗い」と「京洗い」は呼び方が違うだけで
着物を解かないで、そのまま洗うという方法は同じです。
他にもいろいろな呼び方がありますが
着物クリーニングといえば、ほとんどの場合は
「丸洗い」か「京洗い」になります。
「丸洗い」で落ちる汚れは「油分」の汚れになります。
落ちる汚れはファンデーション、バター、チョコレート、
油性ボールペンなどの汚れになります。
水溶性のシミ汚れや古いシミ変色などは
洗い落とすことができませんので、染み抜きは
別に依頼する必要があります。
なので、着物クリーニングのメニューには
「丸洗い」と「染み抜き」をセットにしたものが
用意されています。
汚れがどのようなものかわかっていれば
「丸洗い」だけ、「染み抜き」だけでキレイに
なるのでクリーニング料金も安くできます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ