着物を保管するためのクリーニング

着物を着たあとに保管する場合には汗ジミで
黄色く変色してしまうのを防ぐためにもクリーニング
に出したり、お手入れをする必要があります。

染み抜き

着物を着て外出をしたり、食事をすると
どんなに気をつけていて知らないうちに
汚れやシミが付いてしまうことがあります。
着物の汚れやシミは家庭用洗剤で洗ってしまうと
余計にひどくなる場合があるので、高価な着物は
着物クリーニング店におまかせしましょう。
着物の「染み抜き」では大きさで料金が
決まるので小さなシミなら1,000円以下で
クリーニングこともできます。
シミは気がついたらすぐに取った方が
良くて、長い間放置しておくとクリーニング店に
「染み抜き」をお願いしてもとれなくなってしまいます。
「染み抜き」の平均的な価格は
大きさによって決まることが多くて
3x3cmくらいまでの大きさなら
500〜1,000円で注文できます。
もし、着物を当分着ないのであれば
着物の「丸洗い」と合わせて注文するのがお得です。
詳細はクリーニングに出すお店に確認してみましょう。

洗い張り

着物の洗い方で「洗い張り」という方法がありますが
これは着物の糸を解いて反物の状態に戻して、洗剤を使って
水洗いして汚れを落とす方法です。
「洗い張り」では「染み抜き」「丸洗い」と違い
着物を解いてしまうため、洗い終わった後に着物として
着れるように反物から糸で縫う「仕立て」が必要になります。
「洗い張り」をすることで着物に張りが戻ったり
寸法を変えて仕立て直しをすることができますが
「仕立て」にも料金が「洗い張り」とは別に
3〜5万円程度かかるため着物クニーリングの中では
一番費用がかかる洗い方になります。
着物の汚れやシミが小さい場合は
「染み抜き」だけ、または「丸洗い」とのセットで
クリーニングに出した方が安くできます。
ただ、着物に張りを戻したいときには
「洗い張り」が一番効果的な洗い方になります。

着物の真空パック

着物を着る機会が当分ない場合には
着物の保管に適した状態で保管してくれるサービスを
しているクリーニング店もあるので
それを利用するのも一つの方法です。
また、着物を真空パックにして保管するという
方法もあります。
真空パックで保管すれば防虫・防カビはもちろん
経年による黄変もしっかり予防します。
真空パックなので虫がつく心配がないのは
虫干しなどの手間がかからないのがうれしいですね。
真空パックの方法にもいろいろありますが
空気を吸い出してペチャンコにするものだと
シワになってしまいます。
なので、着物を真空パックにするときは
ペチャンコにならない方法のものを
利用しましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ