着付けに使う小物・道具の一覧

着物の着付に使う小物・道具についてまとめてみました。
着付教室や講師によっては使わないものもあります。
■和装スリップ
着物や浴衣を着るときのワンピースタイプの下着です。
■和装ブラジャー
胸のふくらみをおさえ、着物のラインがキレイに見えるように
平らにする効果があります。
■腰パッド
着物は寸胴の体型の方が着崩れがしにくくキレイに見えるため
体型補正のために使います。
■えもん抜き
長襦袢の背に取り付け、お好みで紐を通して固定して使用ます。
着慣れない方には、手早くきれいに着物を着るための便利な道具です。
■衿芯
襦袢の衿元を美しく演出するための着付けの小道具です。
■クリップ
着付ける際に衿元の位置や帯を締めるときに
あると便利な道具です。
■腰紐
襦袢や着物を固定するために必要な紐です。
■腰ベルト
腰紐の変わりになるベルトで腰紐のように結び目がなく
伸縮自在なので着付がカンタンになります。
■和装締め、コーリンベルト
腰紐の変わりに使える物でゴムで伸縮します。
■伊達締め
伊達締めは、腰紐のゆるみを抑え、着物の胸元、衿元、
おはしょりを整えて、帯や着物の仕上がりを美しくします。
■前板
帯を締めるときに、前にはさみ帯がシワになるのを防ぎます。
■帯枕
八寸帯、名古屋帯、京袋帯、袋帯を締める時に
帯の形がキレイに膨らむようにする道具です。
■帯揚げ
着物の着付けに用いる小道具で、帯枕を包むものです。
■帯
きものを締めるだけでなく、帯の結び方など装飾として
見せるための帯です。
■帯締め
帯を固定するのに用いる紐です。
■きもの
着物の服装です。
■長襦袢
着物と肌襦袢の間に着る和服下着の一種です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ