「着物の手入れ・クリーニング」の記事一覧

着物のクリーニングについて

着物を着れば、汗や汚れがどうしても付いてしまうため 着物のお手入れやクリーニングが必要になります。 着物は簡単に洗える洋服と違い、一般家庭で洗濯するのは なかなか難しいです。家でできる着物の手入れは着物を 着た後にホコリ・・・

着物を保管するためのクリーニング

着物を着たあとに保管する場合には汗ジミで 黄色く変色してしまうのを防ぐためにもクリーニング に出したり、お手入れをする必要があります。 染み抜き 着物を着て外出をしたり、食事をすると どんなに気をつけていて知らないうちに・・・

着物を丸洗いするクリーニング

着物をクリーニングするときに 「丸洗い」という方法がよく使われますが 「丸洗い」の他に、「京洗い」という 洗い方などもあります。 「丸洗い」と「京洗い」は呼び方が違うだけで 着物を解かないで、そのまま洗うという方法は同じ・・・

着物クリーニングの料金

着物のクリーニング料金は高いというイメージが ありますが、実際にはいくらくらいなのでしょうか? 着物クリーニングには大きく分けて 「染み抜き」「丸洗い」「洗い張り」が ありますのでそれぞれの平均的な料金を 調べてみたいと・・・

七五三着物を長期間保管するためのクリーニング

七五三の着物クリーニングについて書いていきます。 そもそも七五三で着物を着ている時間が短い場合は クリーニングが必要なのか?という疑問もあるかもしれません。 まず、七五三で着物を着ている時間が短くて 目に見えなくても汗を・・・

着物のクリーニング・染み抜きに最適な宅配着物クリーニング

着物が汚れてしまったり、染みがついてしまったら
専門店にクリーニングをお願いした方が安心です。

でも、クリーニング店を見ただけでは
着物は着物専門のクリーニング方法でやってくれるのか
はわかりません。

着物クリーニングの方法についてお店に
聞くのも良いのですが、いちいち聞くのも面倒です。

手っ取り早く着物クリーニング専門のお店を
探すなら、宅配着物クリーニングという方法があります。

汚れてしまった着物を宅配で送って
クリーニングするという方法です。

送料はかかりますが、この方法なら
着物をどのようにクリーニングするのかを
事前にホームページで確認できるので安心です。

クリーニングに出したら着物の色が変わったり
光沢がなくなった、なんて失敗をしないためにも
着物クリーニングは専門店をオススメします。

着物のクリーニング料金

着物をいつまでも美しい状態で
保つためにシミや汚れが付いてしまった
ときはクリーニングや丸洗いをする
方法があります。

着物のクリーニングは洋服のクリーニングと違って
高い印象がありますが、実際にはどうなのでしょうか?

着物にも振袖や留袖、訪問着、長襦袢など
いろいろと種類があるのでそれぞれに
クリーニング料金が違います。

だいたいの料金の目安は
以下のようになります。

振袖・留袖  6000〜8000円
訪問着・顧問 4000〜6000円
長襦袢    3000〜4000円

もっと安い料金で受付けているところもあると思いますが
着物専用クリーニングをしていない場合があります。

最悪の場合には着物がダメになってしまうことも
ありますので安いクリーニングには注意が必要です。

和服の洗い張り

洗い張りとは、着物ならではの洗い方で
仕立てあがった着物を、一度解いて元の反物と同じような状態にします。
そしてお湯または水洗いした後に伸子張りなどで生地を伸ばした状態で
のり付けをして生地に張りと光沢を取り戻すことができます。

洗い張りは生地を反物と同じようにして張りと光沢を戻すことなので
着物としてまた着るためには、改めて仕立て直しをする必要があります。

昔は家庭で洗い張りをしていたので
着物の仕立て直しもしていたので女性で
針仕事ができない人はほとんどいなかったようです。

YouTubeで和服の洗い張りの作業についての動画が
公開されています。

動画では、水洗い→乾燥→伸子張り→糊付け→湯のし→調整→作業完了
と一連の流れが紹介されています。

洗い張りの仕事で一人前の職人になるには
5〜7年はかかるそうです。

■かわさきマイスター 小林 伸光〜和服洗い張り〜

高級和服に不可欠な洗い張り 「伸子張り」 を継承し,その熟練の技は,顧客からも全幅の信頼があり,根強い需要がある。和服生地の見極めに精通し,10年20年着た和服を,洗い張りで,新品同様に生き返らせる技能は  素晴らしく,また,藍染めも継承し,小中学生に指導するなど貴重な職人である。
川崎区在住。 港屋京染店自営。

正絹の洗い方・クリーニング

着物は化学繊維のものであれば自宅の洗濯機で
カンタンに洗えるのですが、正絹の着物もクリーニングに出さずに
自宅で洗えないのかと思い、いろいろ調べてみました。

調べてみたら、正絹の種類のひとつに
「ウォッシャブルシルク」という正絹がありました。
ただ、着物に使われることはほとんどないようで
販売しているお店を見つけられませんでした。

着物では見つかりませんでしたが、肌襦袢に
使用されている商品は見つけることができました。
価格がかなり割高になりますが、肌が弱い人や
肌触りにこだわる人が購入しているようです。


ウォッシャブルシルク
肌襦袢&裾除けセット

「ウォッシャブルシルク」の洗い方をカンタンに説明すると
おしゃれ用洗剤(絹可)で洗濯機の手洗いモード(弱流)で、
ネットに入れて軽く洗います。
脱水も軽目にかけて、陰干ししてアイロン仕上げをします。

「ウォッシャブルシルク」ではなく、着物に使われている
正絹の洗い方をないか調べてみましたが、やはりクリーニング店などの
専門店に頼むのが一番安心で自宅で洗うのは一般家庭では難しいです。

昔の正絹の着物を洗濯していた頃は「洗い張り」というやり方が
一般家庭でも行われていました。

「洗い張り」のやり方は、一度すべての糸をほどいてから洗い、
生地をのばして板に張って乾かして、着物を縫い直していました。

これを読んだだけでもわかると思いますが、普通の家庭では
「洗い張り」は無理ですよね。

他にもいろいろと着物の洗い方を調べましたが
着物ではなく、スカーフなどのシルクの洗い方もありましたので
覚書として書いておきます。
ここでの洗い方を試す場合は自己責任でお試しください。

●古着物の生地の洗い方

・着物の縫い糸をすべて取り除く
・シルク用の洗剤で、やさしく手洗いする
・正絹は色落ちするので、洗うのは5分程度でやめる
 ※色が写るので違う色の着物は一緒に洗わない
・キレイな水ですすぎ洗いをして、陰干しにする
・生乾きのうちに取り込み、アイロンをかける
 絞りの生地は干す時に形を整え、アイロンがけはしない
 形を整える際にはあまり強く引っ張らないようにする
・着物を縫って仕立てる

高価な友禅や、色使いが多い着物、刺繍が施されている
着物の場合は着物専門店にクリーニングに出す事をオススメします。

●シルク衣服の洗い方

シルクは摩擦に弱いので、洗濯機で洗ったりしないで
手洗いでゴシゴシと揉まないで、やさしく押し洗いをして
そのまま吊るして乾かします。

シルクの光沢がなくなってきたら、手洗いで干した後に
アイロンを綿素材に使うよりも少し低い温度で、裏から軽く当てると
キレイな光沢が出て、生地の質感が戻ります。

・手洗いをして、陰干しをする
・洗濯時に「酢」と入れると色落ちが緩和されます
 「酢」の量は洗面器に大さじ一杯程度
・光沢がなくなってきたら、アイロンを当てる
 アイロンを当てるときは生地の裏から、軽く円を描く感じで。

●シルクスカーフの洗い方

大きめの空き瓶(インスタントコーヒーなど)に
たたんだスカーフを入れて30℃くらいのお湯と洗剤を
適量入れて、やさしく振り洗いします。

お湯の温度は30℃くらいがシルクの縮みを抑えて
汗や脂肪を落とす適温といわれています。

お湯や水を入れ替えて、すすぎをします。

すすぎが終わったら、脱水をせずにハンガーにかけて
陰干しします。

生乾きの状態になったら、形を整えながら
あて布をあてて低温でアイロンをかけます。

お手入れの基本

着物・和服のお手入れは洋服と違い面倒なところです。けれども、着物を脱いだ後に簡単な手入れをするだけで着物は長持ちします。ちょっとしたお手入れを習慣にしてしまいましょう。着物は上手に着て、キチンとお手入れすれば親から子へと何代にも渡って着れますし、着込むほどに着心地が良くなるスグレモノです。着物のお手入れ法の基本をご紹介します。

■ お手入れの基本

着物をお手入れを簡単にする基本は着物を汚さないことです。着物を着たときに汚さない工夫と注意が必要です。
着物を着て汚れた場所やホコリだらけのところには行かないようにしましょう。また、着物を着るときに手や足をキレイにすることはもちろん、身体もキレイにしてから着るようにしましょう。

着物を着たときに特に汚れやすいのは袖口と裾、そして衿です。袖口と裾は着物に汚れ防止などの加工が施されているものであれば多少は安心ですが、衿汚れは要注意です。

長髪の方は髪の油分による汚れが染み付かないように注意しましょう。
毎日和服を着ていると長襦袢の衿はもちろんのこと、長着の衿も薄黒く汚れてしまいます。
汗をかきやすい仕事をするときなどは手ぬぐいなどを衿元にあてるなど工夫をすると良いです。

また、一枚の着物を毎日着るよりは、2〜3枚の着物を着回す方が長持ちします。
これは着物だけでなく、長襦袢や足袋でも同じ事が言えます。

■ 着物を着たあとに

着物を脱いだあとにたたまずに放っておくのもいけませんが、すぐに畳んでもいけません。
着物を脱いだら軽くホコリをはらって、衣紋掛けにかけます。できれば和服専用の衣紋掛けに掛けるのが良いですが、よほどの高級品でなければ洋服用のハンガーでも良いと思います。
ただ、洋服ハンガーにかけますと着物の仕立てが崩れてしまうこともあるため注意してください。また、着物を傷めてしまうので針金ハンガーなど細いものにかけるのはやめましょう。
このように着物を吊るしておくのは、着物に染み込んだ汗や湿気を自然に乾かし、着物のシワを自然に伸ばすためです。角帯などの帯も、床につかない程度に折り畳み、同じようにハンガーなどにかけてしばらく吊るしておきます。

脱いだ着物を衣紋掛けなどにかけて吊るしておく時間は季節にもよりますが、1〜2時間くらいです。長くても半日くらいで十分だと思います。3日も4日もかけておくと着物が型くずれすることがあるので注意しましょう。

しばらくしてから、ブラシなどでホコリを丁寧にはらいます。「その日の汚れはその日のうちに」が基本です。
この時使用するブラシは着物の生地によって使い分けた方が生地を痛めません。薄い正絹の着物などは、固いブラシでこすって傷でもつけるといけませんから、柔らかいタオルなどで軽く叩いて拭き取る方が良いです。ブラシのかけ方は、基本的に布の折り目に沿ってかけますが、表面が複雑なもの(縮緬地などシボがあるものとか)は、斜めにブラシをかけると良いです。

上前・袖口・衿・裾などを中心に汚れがないかをチェックします。軽い汚れ・シミなどがあれば落としてください。目立つ汚れがある時は、汚れ落としやしみ抜きの処置が必要になってきます。油性の汚れや取れそうにもないシミがあれば専門店に持っていく方が無難です。また、酷く汗をかいた場合は(特に単衣・夏物)「汗抜き」もしくは「丸洗い」に出された方が良いと思います。汗ジミは当初目には見えませんが、時間が経つと黄ばみとなって浮き上がり、「取れないシミ・汚れ」となる事があります。

また、少々のシワは吊るしておけば自然と伸びるものですが、小じわが気になるときなどは必ず手拭いなどの当て布をしてから130〜150度程で軽くアイロンをかけます。アイロンをかける事でシワを伸ばすと同時に殺虫効果も生まれます。なお、金箔・金糸・銀糸の上にアイロンをかけると変色したり痛んだりする事がありますのでくれぐれも注意してください。

そして、また着物を着ることを楽しみにしながら着物をたたんでタンスへしまいます。
大切な着物が虫食いされないように防虫剤も入れておきましょう。

相徳は 桐たんすの専門商であり基本的に 桐に関するもの以外取り扱っておりません。桐たんすの事であれば まずはご相談下さい。桐たんすは今日“桐であれば 桐をつかってさえいれば桐たんす”という風潮もあります。相徳は桐の持ち味を生かした伝統的な製作法の良さを充分に認識した上でその製作法技術を後世につなげていこうとしています。
桐たんす
サブコンテンツ

このページの先頭へ