「着物用語辞典」の記事一覧

錦織(にしきおり)

さまざまな色を染めた糸や
金糸、銀糸を織り込んだ絹織物のこと。
金糸、銀糸を使ったものは格が高く、礼装の帯などに使われる。

キモノ浴衣の用語辞典

着物・浴衣に関する用語を集めてみました。覚えておくと、着付けの時や着物を購入する時に役立ちます。着物をこれからはじめようと思った大事な時にわからない用語や難しい漢字があるときにこの用語集をちょっと調べてみてください。着物や帯の結び方など普段から着付けていないと知らない用語や帯の結び方など、着物初心者にとっては、帯締めと帯揚げでさえわからないもの。浴衣・着物を着付けるために知っておくと便利です。

畳紙(たとうし)

着物や袴、長襦袢などを包んで保管しておく紙です。
普通、丈夫で通気性にすぐれた、厚手の和紙でできています。
中には防虫加工が施されたものもあります。

伊達衿(だてえり)

着物を重ねて着ているように見せるための別衿。
衿元に一色増えるだけで華やかな雰囲気になる。

伊達締め(だてじめ)

長襦袢の上や、着物のおはしょりの上に締める、着付け用の細帯。
腰まわりの凹凸がまとまり、すっきりと帯が締められる。

たれ

帯の、お太鼓になる側をさす。
お太鼓の下にのぞく部分を、たれ先と呼ぶ。

反物(たんもの)

着物や帯地、羽織地などの総称。
着物地を一反の長さで売買したことから反物と呼ぶようになり
それが転じて、和服の布全般をさすようになった。

更紗(さらさ)

インド、ペルシャ、タイなどから伝わった染物のこと。
花、象や鳥などの動物、人物など独特の色や柄がある。
綿布が一般的だが、まれに絹製もある。

三分紐(さんぶひも)

帯締めの一種。
幅や厚みが薄く、帯留めなどをつけるときに用いる。

絣(かすり)

部分的に染めた織り糸を用いて
ところどころかすったような模様を織り出した織物。
また、その模様。

先染めの文様表現のひとつ。
緻密な計算をもとに糸を部分的に染め、
その糸を経緯に組み合わせることで独特の柄が生まれる。

十字、縞のほか、花などのモチーフもある。
世界各地に見られる染織の手法。

サブコンテンツ

このページの先頭へ