「あ行」の記事一覧

袷(あわせ)

袷(あわせ)とは「裏地をついている着物」のことで
布を2枚使って仕立てられた着物です。

2枚の布になることによる暖かさだけでなく、
表地と裏地の間にある「空気」による断熱効果もあり、
非常に暖かい着物です。

また、単衣(ひとえ)・綿入れに対していわれる着物です。

アンティーク着物(あんてぃーくきもの)

大正時代から昭和初期頃にかけてつくられた着物。
現代のものにはない独特の柄やデザインが特徴で
手頃な価格で入手できる古着の着物として親しまれています。

洗い張り(あらいはり)

着物の手入れ方法のひとつ。
和服を解いて洗い、糊(のり)をつけ、板張りや
伸子(しんし)張りにして幅を整え乾かすこと。

色無地(いろむじ)

黒以外の一色染めの和服地。また白生地に
単色を染めた着物のこと。
多くは地紋のある生地を用いる。

上前(うわまえ)

着物の前を合せたときに上になる部分
つまり左前身頃の名称。
洗い張りや仕立て直しの際、上前と下前を取りかえると
美しい状態で長く着ることができる。

うそつき

身頃(みごろ:衣服の胴を包む部分)は肌襦袢(はだじゅばん)、
衿(えり)や袖(そで)などは長襦袢(ながじゅばん)のように
仕立てられた二部式襦袢。

一枚着るだけで、肌襦袢、長襦袢と重ねているように
見えるので、「うそつき」という名がついた。
半襦袢とも呼ばれる。

薄物(うすもの)

薄く織った織物。薄く、透けて見えるような布地。
特に、羅(ら)・紗(しや)・絽(ろ)などの類。
7、8月がオンシーズンで夏の一番暑い時期に着る着物。

衣紋(えもん)

もともとは、着物の衿や袖、裾の形を正し、
着姿を美しく整えること。
現在では、首の後ろ部分の衿をさすのが一般的。

絵羽模様(えばもよう)

前身頃から後ろ身頃、袖にかけて、絵柄がひとつづきに描かれた文様のこと。
振袖、留袖などに用いられる。
白生地を裁断し、仮仕立てをして下絵を描いてから、ほどいて染める。

江戸小紋(えどこもん)

ごく細かな文様を型染めにした小紋のこと。
遠めには無地に見えるので、色無地と同じように幅広い着方ができる。

サブコンテンツ

このページの先頭へ