「か行」の記事一覧

絣(かすり)

部分的に染めた織り糸を用いて
ところどころかすったような模様を織り出した織物。
また、その模様。

先染めの文様表現のひとつ。
緻密な計算をもとに糸を部分的に染め、
その糸を経緯に組み合わせることで独特の柄が生まれる。

十字、縞のほか、花などのモチーフもある。
世界各地に見られる染織の手法。

型染め(かたぞめ)

型紙や染め型を使って模様を染める染色法。
また、その方法によって染めたもの。
小紋・更紗(サラサ)・型友禅・紅型(びんがた)など。

染めの手法のひとつ。型紙を置いて柄を染め上げる。

着丈(きたけ)

和服長着で、着付けたあとの肩山から裾までの寸法。

錦紗(きんしゃ)

紗の地に金糸・箔(はく)・絹の色糸などを
織り込んで模様を表した絹織物。
夏の袈裟(けさ)などにする。
「金紗縮緬(ちりめん)」「金紗御召(おめし)」の略。

錦紗縮緬(きんしゃちりめん)、錦紗御召(きんしゃおめし)の略称。
現在は錦紗縮緬をさすことが多い。
錦紗縮緬は、縮緬よりも糸が細く密で、軽いのが特徴。

鯨尺(くじらじゃく)

和裁で使う物差し、および長さの単位。
江戸時代から主に布地の長さを測るのに使われていた尺。

1891年(明治24)に、六六分の25メートル
(約37.879センチメートル)をもって一尺と定めた。
普通の曲尺(かねじやく)の一・二五倍。

1958年(昭和33)の尺貫法廃止にともない法定単位でなくなった。鯨差し。

腰紐(こしひも)

婦人が和服を着るときに用いる紐。
おはしょりをとめたり形を整えたりする。下締め。
子供の着物に縫いつけて、腰で結ぶ紐。

着物の着付けに使う紐のひとつ。着物全体を支える要となる紐。

こはぜ

足袋・脚絆・帙(ちつ)などの合わせ目を留める爪形のもの。
足袋の留め金のこと。4枚こはぜが一般的。

小紋(こもん)

型染めの一。細かい単位模様を繰り返し染めたもの。
そもそもは、全体に細かい文様を散らした着物のこと。

今では、大柄のものや縞なども含め、
着物全体にまんべんなく柄が入った型染めの着物をさす。

サブコンテンツ

このページの先頭へ