「ま行」の記事一覧

丸ぐけ(まるぐけ)

布などに綿芯を入れて仕立てた、丸い棒状の帯締め。
アンティークものには、柄行きが華やかで、ふっくらと存在感のある品が多い。

丸帯(まるおび)

振袖や留袖などの礼装に締める、最も格の高い帯。
金糸、銀糸などを使い、吉祥文様を描いたものが多い。
ただし、現在、礼装の帯は袋帯が主流になっている。

丸洗い(まるあらい)

着物の手入れのひとつ。
着物をとかず、丸のまま洗う。
化学薬品などを使ったドライクリーニングが一般的。
仕立て直しが必要ないため、手軽に行える。

身八つ口(みやつくち)

着物の身頃の両脇にある、あき部分。
着崩れたときは、ここから手を入れて引っ張り、着付けを整えることができる。

道行(みちゆき)

着物のコートのひとつ。
衿が、四角い形になっているのが特徴。

三河芯(みかわしん)

衿芯のひとつ。
帯の芯に使うような硬めの布でできており
長襦袢に縫いつけて使う。

昔きもの(むかしきもの)

アンティーク着物のみをさすこともあるが
アンティーク、リサイクル着物全般を昔きものを呼ぶ。

銘仙(めいせん)

着物地のひとつ。
節のある太い絹糸などを織った、丈夫な太織りのこと。
大柄で、派手な色合いのものが多い。

紋(もん)

着物に染めたり、縫いつけたりする文様のひとつ。
格の高い留袖や色無地などに入れると、されに改まった着物になる。

背中にのみ紋を入れる一つ紋のほか、
三つ紋、五つ紋があり、数が増えるにつれ格が上がる。
家紋のほか、好みの図案を描いたお洒落紋のある。

サブコンテンツ

このページの先頭へ