「な行」の記事一覧

錦織(にしきおり)

さまざまな色を染めた糸や
金糸、銀糸を織り込んだ絹織物のこと。
金糸、銀糸を使ったものは格が高く、礼装の帯などに使われる。

名古屋帯(なごやおび)

帯の種類のひとつ。
お太鼓部分が袋仕立て、胴回り部分は一重になっており
袋帯よりも簡単に締められる。

幅9寸の帯地に芯を入れて仕立てるタイプを九寸名古屋、
幅8寸で芯を入れずに仕立てるタイプを八寸名古屋と呼ぶ。

長襦袢(ながじゅばん)

肌襦袢と着物の間に着る、対丈に仕立てた襦袢。
着物の袖口からチラリと色柄がのぞくため、
着物地との取り合わせを考えるのも着こなしの楽しみ。

二重太鼓(にじゅうだいこ)

帯結びのひとつで袋帯を使用します。
お太鼓部分が二重になるのが特徴で、合わせる着物や体形によって、大きさや形を調節します。
礼装では大きめ二重太鼓をつくり格の高い袋帯を使って締めます。
普段着では小さめに二重太鼓をつくります。
また、背の高い人は大きめの方がバランスが良いでしょう。

練り糸(ねりいと)

アルカリ煮沸をして不純物を取り除いた絹糸のこと。

根付け(ねつけ)

江戸時代、印籠(いんろう)や
煙草(たばこ)入れを腰にぶらさげて持つために
すべり止めとしてつくられた飾りのこと。

今では、根付け棒につけて帯まわりの装飾にしたり、
帯にはさむ財布につけて落下防止にしたりする。
携帯ストラップも根付け文化のひとつ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ