「た行」の記事一覧

畳紙(たとうし)

着物や袴、長襦袢などを包んで保管しておく紙です。
普通、丈夫で通気性にすぐれた、厚手の和紙でできています。
中には防虫加工が施されたものもあります。

伊達衿(だてえり)

着物を重ねて着ているように見せるための別衿。
衿元に一色増えるだけで華やかな雰囲気になる。

伊達締め(だてじめ)

長襦袢の上や、着物のおはしょりの上に締める、着付け用の細帯。
腰まわりの凹凸がまとまり、すっきりと帯が締められる。

たれ

帯の、お太鼓になる側をさす。
お太鼓の下にのぞく部分を、たれ先と呼ぶ。

反物(たんもの)

着物や帯地、羽織地などの総称。
着物地を一反の長さで売買したことから反物と呼ぶようになり
それが転じて、和服の布全般をさすようになった。

縮緬(ちりめん)

一面に細かなしぼを出した絹織物。
たて・よこともに生糸を用い、よこに右撚(よ)りと
左撚りの強撚糸(きようねんし)を交互に織り込んで
平織にした後、ソーダをまぜた石鹸(せつけん)液で
煮沸して縮ませたもの。

左右それぞれに強く撚った糸を、交互に織り合わせた絹織物の一種。
撚りの方向が違うため、表面にでこぼことした独特のしぼ(皺)が出る。

昼夜帯(ちゅうやおび)

黒繻子(くろしゅす)を片面に、もう片面に別の柄物を
使って仕立てた、両面帯。江戸時代に大流行した。

対丈(ついたけ)

着物と着丈の長さが同じ仕立てのこと。
おはしょりをとらずに着ることを”対丈で着る”という。
長襦袢や男着物は、対丈が基本。

つけ帯(つけおび)

あらかじめお太鼓などの帯結びを形作っておいた、インスタント帯。
手早く締めることができる。

付け下げ(つけさげ)

小紋よりも格が高く、訪問着ほど改まらないよそ行きの着物。
着たときに、すべての文様が上に向くよう、仕立てられている。

サブコンテンツ

このページの先頭へ