「や行」の記事一覧

冠組(ゆるぎ)

帯締めなどに使われる、組紐の一種。
冠紐とも言う。平安の頃から高貴な人々の冠の紐などに使われていた組み方。

湯のし(ゆのし)

織物を仕上げる行程の一つ。
巨大なアイロンのようなもので湯気をあて、布地のシワを伸ばす。

湯通し(ゆどおし)

紬などの織物を仕上げる行程の一つ。
布を湯に通し、織物についた糊を取り除く。
湯通しすることで織物が柔らかくなり、光沢もでる。

裄(ゆき)

背中心から袖先までの長さのこと。
着物はオーダーメードが基本なので、裄の長さは人それぞれ。
昔の人は今よりも小柄だったので、アンティーク着物は裄が短いものが多い。

友禅染め(ゆうぜんぞめ)

染の手法のひとつ。
糊を置いて防染し、柄を染め上げる。

サブコンテンツ

このページの先頭へ